自然との調和を目指す企業です

環境に優しく、お客様の生活がより豊かになり、毎月のコストパフォーマンスに優れた住宅リフォームのプランニングをご提供させて頂きます。

ゼロエネルギー住宅リフォーム


ゼロエネルギー住宅とは
 


ゼロエネルギー住宅とは、住宅の高断熱性能、省エネ設備機器、HEMS、太陽光発電システム等を組み合わせ、エネルギー消費を上回るエネルギーを自宅で発電し、エネルギー収支をゼロまたはプラスにする住まいのことです。

一般的に『ZEH(ゼッチ)』と呼ばれており、これは『ゼロ エネルギー ハウス』の略になります。
ではどういったものがゼロエネルギー住宅になるのでしょうか?


●ゼロエネルギー住宅の定義

ゼロエネルギー住宅とは『断熱』『省エネ』『創エネ』の3つの基準を満たした住宅です。

高い『断熱』性能をベースに、高効率機器やHEMSによる『省エネ』、太陽光発電などによる『創エネ』を組み合わせることで、住まいの年間一次エネルギー消費量が正味おおむねゼロになる住まい。

※一次エネルギー:発電のために必要な、石油や天然ガスなどの化石燃料や水力などの自然界に存在するものから得られるエネルギーのこと、一次エネルギーを加工して作られる電気等は二次エネルギーという。

【使うエネルギー】*【作るエネルギー】≦【消費エネルギー0以下】
簡単に言えば太陽光発電で電気を作り、家庭で使った電力が作った電力より少なくなる状態を作る住宅のこと。

リフォームでゼロエネルギー住宅にするには
 


リフォームでゼロエネルギー住宅にする場合、経済産業省が定めた基準を満たす必要があります。
基準の大まかな内容は

・断熱性能が地域ごとに定められている基準に達していること
・太陽光発電システムが設置してあること
・設計一次エネルギー消費量が基準一次エネルギー消費量から20%以上削減されていること
・エネルギー消費が『トータル100%以上削減』されていること

となっています。

では、どういった工事をすることでその基準を満たせるのでしょうか?

●断熱
・屋根、壁、床に断熱材を入れる
・窓ガラスやサッシなどを断熱素材のものに替える

●省エネ
・エネルギー計測装置(HEMS等)を取り付ける
・省エネ設備を取り付ける
(冷暖房設備、換気設備、給湯器、LED照明、太陽熱利用システム等)

●創エネ
・太陽光発電を取り付ける


などが主なリフォーム工事として挙げられます。
また、

・全て新品の設備を付ける
・SIIに登録されている『ZEHビルダー』が設計、または建築、販売を行う

など細かな条件もありますので詳しくは一度ご相談ください。



補助金について
 


政府は一般的な新築住宅をゼロエネルギー住宅にするという目標を掲げており、2030年には住宅の『ネット・ゼロ・エネルギー化』を目指しています。
そのために新築住宅、もしくはリフォームでZEH住宅にする場合の補助金があります。

平成30年度も予算が下りており、補助金が継続されることが決まりました。
(経済産業省資源エネルギー庁:ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に関する情報公開について
(環境省:平成30年度のZEH(ゼッチ)関連事業(補助金)について

平成29年度の補助金を参考に、どういったものなのかご説明します。

●補助金の金額

平成29年度の補助金額は全国一律で一戸ごとに75万円となっています。
平成30年度はZEH住宅補助金と同時に蓄電池の補助金も併用できるようになっており、こちらは蓄電池の容量によって金額が異なります。


●補助金の申請資格・条件

対象者
・ZEH住宅を新築する。
・ZEHの新築建売住宅購入。
・既築住宅のZEH仕様への改修。

申請資格
・申請者が常時住居する住宅であること。(住民票確認があります)
・専用住宅であること。
・既築の場合は、申請者自身が所有している建物であること。
・新築建売住宅の場合は、申請者は建売住宅購入予定者であること。
・賃貸住宅・集合住宅は対象外。(賃貸・集合住宅の一部に住居する場合は、自宅部分のみ申請可能)

補助金交付条件
1. 一定の断熱性を満たすこと。(地域区分で定められた強化外皮基準(UA値)
2. 設計一次エネルギー消費量は、再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上削減されていること。 (空調・照明・給湯の消費量のみ)
3. 設計一次エネルギー消費量は、再生エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から100%以上削減されていること。
4. 導入する設備が一定の要件を満たすこと。
5. 既築の場合は、改修により『導入必要項目』を原則にすべて新たに導入すること。
6. 要件を満たすエネルギー測定装置(HEMS)を導入すること。
7. 定期的なエネルギー使用状況の報告ができること。
8. 太陽光発電システムなど、再生可能エネルギーシステムを導入すること。
9. SIIに登録された『ZEHビルダー』が設計建築または販売する住宅であること。



HEMS(ヘムス)とは
 



HEMS(ヘムス)とは、エネルギーの『見える化』と一元管理を実現する、家庭で使われるエネルギーを管理するシステムです。
『Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)』の頭文字を取って『HEMS(ヘムス)』と呼ばれています。



●HEMSとはどういうことができるのか

・エネルギーの『見える化』

HEMSを設置することで、自宅の電力使用量をコンセント単位まで把握することが可能になります。
また、ガスや水道との連携も可能で、家で使う全てのエネルギーを数値として見えるようにしてくれます。

・待機電力レベルで消費電力を把握できるので、一目で様々なムダが分かる
・毎日や毎週のエネルギー利用をグラフで見ることができるので、節電節約のモチベーションに繋がる
・キャラクターやスタンプ機能が付いているものもあり子供の情操教育になる

などというメリットがあります。


・電化製品の一元管理

HEMSは家電をネットワーク化し、遠隔制御、または自動制御を可能にします。

・外出先から家電製品を操作
・電気代が安い時間に自動運転することで節電
・電気代が高い時間は節約運転で節電
ということが出来るようになります。

つまり夜中の電気代が安い時に洗濯機や食器洗い機を動かし、日中などの電気代が高い時にエアコンの設定温度をさげる節電を『自動』で行ってくれるのです。
外出先でエアコンを消したり、帰宅する前に暖房で部屋を温めておくことなども可能になります。




+蓄エネ
 


平成30年度はZEH住宅の補助金と蓄電池の補助金が併用して申請できるようになりました。
なのでZEHリフォームの際に同時に蓄電池の設置をすると二つの補助金が貰えるようになりとてもお得です。
(経済産業省資源エネルギー庁:ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に関する情報公開について
(環境省:平成30年度のZEH(ゼッチ)関連事業(補助金)について

では、補助金の金額や条件はどうなっているのでしょうか。

●補助金の金額

蓄電池の補助金は一律で〇〇円と決まっているものではなく、蓄電池の容量によって幾らという風に決められています。

設備費:3万円/kWhの補助金(上限が総額の1/3)
工事費:上限5万円(/台)

予算案の時点では上記の補助金が予定されています。

●補助金の申請条件

・住宅用太陽光発電設備(10kW未満)が設置されている新築・既築の住宅
(『一定の要件を満たした家庭用蓄電池』を導入した場合)

つまり、10kw未満の蓄電池を設置する場合、補助金の対象になります。


ここまで色々とご説明してきましたが、詳しくは一度ご相談ください。
ご上明な点やご上安な点を、詳しくご説明いたします。

  

お問合せ、お申込みはこちらから

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com