自然との調和を目指す企業です

環境に優しく、お客様の生活がより豊かになり、毎月のコストパフォーマンスに優れた住宅リフォームのプランニングをご提供させて頂きます。

屋根塗装

屋根の塗装は一般的に5~10年経過すると塗り替えの時期だと言われています。
では、どういう状態になったら塗り替えのタイミングなのでしょうか??


●屋根塗装のタイミング
 

・色褪せてきた時

塗装表面に艶がなくなり、汚れて見えます。
また汚れもつきやすくなります。



・触ると粉のようなものが付く時(チョーキング現象)

屋根の表面を手で触った時に白い粉が
つくようになります。



・ヒビが入ってきた時

見た目が悪くなり、強度的にも上安があります。
また、雨漏りなどの原因にもなります。



・コケ・カビが生えてきた時

付着したコケを放っておくと、
カビになります。



このような状態になった時は、塗装の塗り替えの時期だと思われます。
『屋根の状態を確認したい』という時は当社へご相談ください。



●屋根塗装のメリット
 

・自然から受けるダメージを軽減して屋根の寿命を延ばす
屋根は風雨、太陽光、その他外的要因によって日々ダメージを受けています。
定期的に塗り替えを行い、新しい塗膜を与えることで、屋根材の寿命を延ばし、屋根の寿命を延ばすことができます。

・雨漏りなどを防ぐことができる
屋根にひび割れが生じてしまうと、そこから雨水の浸入を許し、雨漏りにつながる可能性があります。
塗装によってひび割れの発生を未然に防ぎ、合わせて補修を行うことができます。

・外観が良くなる
屋根の塗装を行うことで、外観を一新できます。
毎日暮らす家の屋根をきれいに保つことで、日々の暮らしを快適にすることができます。

  


詳しくは一度お問合せください!
 

お問合せ、お申込みはこちらから

外壁塗装

外壁の塗装は一般的に7~10年経過すると塗り替えの時期だと言われています。
定期的に外壁を塗り替えることによって、家の外観を美しく保てますし、家の耐用年数が延びるため、住宅の資産価値も高まります。

では、どういう状態になったら塗り替えのタイミングなのでしょうか??


●外壁塗装のタイミングとは?
 

・外壁が汚れてきた時

築10年ほど経つと、こういった汚れが
目立ちやすくなってきます。



・色褪せてきた時

塗装表面に艶がなくなり、汚れて見えます。
また汚れもつきやすくなります。



・触ると粉のようなものが付く時(チョーキング現象)

外壁の表面を手で触った時に白い粉が
つくようになります。



・塗装に膨れ、剥がれが出てきた時

塗装時に外壁に水分が残っていた、
梅雨などの湿気が多い時期に施工したことなど
が原因で起きます。


・ヒビが入ってきた時

モルタル壁に多くみられます。
見た目が悪くなり、強度的にも上安があります。



・コケ・カビが生えてきた時

外壁に付着したコケを放っておくと、
カビになります。



このような状態になった時は、塗装の塗り替えの時期だと思われます。

この状態を放置しておくと、どんどん劣化や痛みが酷くなっていきますので定期的にセルフチェックを行うことをお勧めします。

建物を守るためには定期的な塗装が必要となります。
耐用年数を延ばすためにも、しっかりと塗り替えをしておきたいですね。



●外壁塗装のメリットとは?
 

・自然から受けるダメージを軽減して建物の寿命を延ばす
外壁は風雨、太陽光、その他外的要因によって日々ダメージを受けています。
定期的に塗り替えを行い、新しい塗膜を与えることで、建物の寿命を延ばすことができます。
築10年を目安に、定期的に外壁の手入れをすることで家は約3倊長持ちすると言われています。

・雨漏りなどの水の侵入を防ぐ
外壁が劣化することによって、雨漏りなど水の侵入が起きることがあります。
定期的に塗り替えを行うことでそれを未然に防ぐことができます。
雨漏りが起こる前に対策を取っておくことが大切です

・外観が良くなる
外壁の塗装を行うことで、外観を一新できます。
建物のなかでも目を引く外壁を綺麗に保つことで、外観がよくなり、日々の暮らしを快適にすることができます。

  


詳しくは一度お問合せください!
 

お問合せ、お申込みはこちらから

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com