自然との調和を目指す企業です

環境に優しく、お客様の生活がより豊かになり、毎月のコストパフォーマンスに優れた住宅リフォームのプランニングをご提供させて頂きます。

 


太陽光発電の仕組み
 


太陽電池モジュールを使って太陽の光から電気エネルギーが作られ、パワーコンディショナによって直流電力から交流電力へと変換されると照明やエアコンなど家庭内の様々な電気製品で使用できるようになります。
また、昼間に電気を発電し、家庭で使って余った電気は電力会社へ売電できます。
夜は電力発電ができないので、電力会社から買電することになります。

モジュールでの発電をはじめ、直流電力から交流電力への変換、電気製品への分電、電力会社との売電・買電にいたるまで、難しい設定の必要はなく、全てが自動運転で行われます。



取り扱いメーカー

各社製品取り扱っております。(画像クリックでメーカーホームページへ)
パナソニック 三菱 東芝 長州産業 SHARP 京セラ ソーラーフロンティア

  

お問合せ、お申込みはこちらから

2019年問題とは?


*太陽光発電における『2019年問題』とは?
 



太陽光発電における『2019年問題』というのをご存知でしょうか?
『聞いたことはあるけど詳しくは知らない』という方もいると思います。
今回は太陽光発電にかかわる人は押さえておきたい『2019年問題』とはどのようなものなのか、その概要をご紹介します。


2019年問題とは
 

2019年は、2009年に開始された『太陽光発電の余剰電力買取制度』から10年経過し、『10年間の買取義務保証期間』が終了する設備が出始める年です。
これをその発生年である2019年を取って『2019年問題』と呼んでいます。



買取期間が終了したらどうなる?
 

固定価格による買取義務が終了するからと言って、余剰電力を売ることが全くできなくなるという訳ではありません。
経産省は、電力会社との相対取引は可能であるとしており、また市場価格による売電、買電することは可能であると言っています。



自家消費がメインに
 

買取期間終了後は、安い価格で売電するよりも、発電した電気を自家消費する人が増えると考えられます。

その際に活用できるのが蓄電池です。
災害時への備えや電気料金の節約にもつながるうえ、買取期間終了後には、昼間に太陽光で発電し使いきれなかった電気を蓄電池に貯めておき、夜間に放電して使用すれば、買う電気の量を減らせ電気代を削減できます。

また、2019年問題対策として注目されているのが『エコキュート』です。
ヒートポンプを利用した電気給湯器のことで、現在利用中の人は電気代の安い深夜電力を利用してお湯を沸かしていると思います。
買取期間終了後の自家消費方法の一つとして、太陽光発電を利用して昼間に運転することで、電気を熱に変えて貯めておくといった使い方も可能です。



2019年を見据えた補助事業も
 

住宅用太陽光発電(10kW未満)が導入されている住宅への、家庭用蓄電池と蓄電池と合わせて導入されるエコキュートなどの家庭用蓄熱設備の導入を対象に、補助事業が予定されています。

環境省が『平成30年度概算要求額』として公表しているもので、『太陽光発電の自立化に向けた家庭用蓄電・蓄熱導入事業(経済産業省連携事業)』として84億円が計上されています。

これにより固定価格での買取が終了したあとも、売電から自家消費へと切り替え、太陽光発電を続けることのインセンティブとなることが見込まれます。

太陽光パネル自体は20年、30年も持つといわれており、固定価格での買取りが終了してからも発電し続けられると予想されます。
発電した電気を上手に使うことはご家庭にも社会全体にもメリットのあることではないでしょうか。

参考:太陽光発電の自立化に向けた家庭用蓄電・蓄熱導入事業(経済産業省連携事業) | 平成30年度環境省重点施策集 | 環境省

  

お問合せ、お申込みはこちらから

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com